TOEIC900点が目標の勉強法

TOEICの試験を2008年6月に受験しました。TOEICを受験するのは約10年ぶりでした。TOEIC試験は7月に結果が帰ってきましたが、360点という悲惨な点数でした。

最近、うちの会社で、インド・ベトナムへのソフトウェア開発依頼(オフショア開発と言います)が増えています。

インドは英語が準公用語となっており、英語で会話できると非常に便利です。一方ベトナムにはうちの会社の子会社があり、そこでは英語でのコミュニケーションが求められています。

そんな状況で、管理職(一応、会社内ではある程度の役職についています)がTOEIC360点の状況は非常にまずいです。「使えない上司」のレッテルを押されてしまいます。

そんな状況を打破するためが、会社に知られないようにこっそりと個人的にTOEIC900点を目指すことにしました。

そんな折、『海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点』という本と出会い、1年半でTOEIC900点を取ることを目標にして勉強を始めました。

そもそもTOEICの勉強法から分からなかった時から、勉強を続けながら勉強法を身につけていきました。

勉強過程をブログにしてありのままを記録しますので、何かの参考にして頂ければ幸いです。

英語学習マスタースケジュール
目標を図にしました。(←クリックすると大きな画像が表示されます。)

大目標は75週間で1,500時間勉強すること。

勉強法よりも勉強時間を目標としました。言葉なんだから勉強法は知らなくても勉強時間で解決出来ると思います。

TOEICの点数を目安にして、300点→400点→500点→600点→700点→800点→900点とステップアップする計画としました。

TOEIC試験は節目となる500点→700点→900点で受けたいと思います。

勉強時間は平日は往復の通勤時間で2時間、自宅で1時間、休日は家庭の事情とやらがあり没頭できないかも知れません。

ですので、通勤時間でどうやって密度の濃い勉強が出来るかが鍵になると思います。

英語勉強の長期目標を図式化しました。説明は→英語勉強計画にあります。

ビジネスでも仕事でもそうだと思いますが、計画を立てて、実行して、反省して、再計画を立てる、というPlan Do Seeサイクルを実行することが成功する秘訣と思います。

300点台から500点台までの学習実績は第1期/第2期 英語学習実績です。

500点台から700点台を目指す計画(その1)第3期中期学習計画を立案しました。

第3期中期計画を変更しました第3期中期学習計画(修正)


受験したTOEICの結果です。
第152回TOEICの結果:835点
第147回TOEICの結果:690点
第143回TOEICの結果:570点
第141回TOEICの結果:330点
2008年6月TOEICの結果:360点



TOEIC対策用の売れ筋ソフトウェアTOEIC対策売れ筋PCソフト

TOEIC対策用の売れ筋本TOEIC対策売れ筋Books


久しぶりに自分のブログを覗いたら、約1年と3カ月前に更新したきりでした。

最近は英語の勉強は続けていますが、TOEICにモチベーションは有りません。

このブログの最終更新が2010年の3月。勤務している会社が2010年の4月に合併してそれで忙しくなってブログの更新が途絶えちゃったようです。

2010年の12月には会社の組織が変更になり、今、私のいる部署は公用語が英語になってます。

もちろん、公式な会議は英語Onlyだし、週報も英語です。

もう、英語は勉強するものではなく、コミュニケーションのツールになりました。

TOEICの点数を意識しなくても、コミュニケーションはとれますよ。

でも、やっぱり、言葉はボキャブラリーだと思いますので、毎日NHKラジオの英語5分間トレーニングは欠かさず、やっています。

このブログを放置している間に、コメントが12,000件もありました。(99.9%がスパムかと・・)

コメントバックできず失礼しました。

ぼちぼち、スパムコメントを削除します(ToT)/~~~


での最新刊です。
寝る前5分暗記ブック TOEICテスト 単語&フレーズ class=

寝る前5分暗記ブック TOEICテスト 単語&フレーズ

来期の英語の題材である、NHKラジオの英語5分間トレーニングのテキストが出ていたので、テキストとCD併せて買って来ました。

CIMG1662.jpg

テキスト380円、CD1,580円でした。

CDは少し高いですけれど、一度聞いたらヤフオクに出すので、割高感は有りません。

いわゆる転売で儲けるつもりは無く、みんなで安く使い回せれば良いかな?程度の気持ちです。

どうでも良い情報ですが、最近は半値以下の700円で出品してます。

儲けたいという人々の思惑ばかりが交差するヤフオクですが、みんなが良心的に使えれば、すばらしいところになっていくのではないかなと思います。

ヤフオクはこちらからどうぞ。Yahoo!オークション

TOEIC900点を目標とした、長期英語学習を立てて勉強をしてきました。

勉強期間は当初75週で予定していたのが、84週にまで及び、点数的にも835点で一区切りを迎えました。

会社関係の諸事情で個人的にTOEICを受けることは出来なくなりそうですが、英語の勉強は継続して続けていきたいと思っています。

具体的に英語の勉強は下記の教材・方法を使いたいと思っています。

ちなみに、雑誌とNHKのテキスト・CDは、Fujisan.co.jpで定期購読を申し込むと便利です。

単語を系統的に暗記する作業から離れてしまうのが不安ですけど、単語帳は取っておくので、忘れかけたら又単語帳に戻ります。


英語の勉強は、とても時間がかかることを実感しています。

良く、『日本は中高6年であんなに英語を勉強させられたのに、ちっとも身についていない。日本の英語の教育は間違っている。』なんて趣旨のことをおっしゃる人がいますが、とんでもない。

学校の勉強だけでは、学習時間が圧倒的に足りないだけです。

本気で英語を身につけたいなら、たくさん時間をかけて発音を声に出しましょう。単語の暗記に時間をかけましょう。

手を抜かないで。

近道は無いですから、幸せの青い鳥探しはやめて。

きっと結果はついてくると思います。


一人で勉強を進めていると、自分の実力がどの程度なのか、わからなくなってきます。

実力を計るためにTOEIC受験は役に立ちます。

但し、TOEICの為の勉強では、視野が狭くなるかも知れません。

あくまで、TOEICは自分の英語の勉強成果の確認用にした方が良いと思います。

外国のお客さまとする話の内容は、ビジネスの話だけでは有りません。

自分の趣味を英語で語ったり、英語で秋葉原を案内してあげたり、飲み会の席上で「鰹のたたき」のなんたるかを教えてあげる必要にも迫られます。

そんなことがすんなり出来るのも、大人のビジネスマンの教養じゃないでしょうか?

第152回のTOEICの結果は835点(L430/R405)でした。

152toeic.jpg

今回、900点を目指した割に、しょぼい結果で失礼しました。

リーディングの時間が足りなかったので、これくらいの点数は納得できるのですが、リスニングもこんなに点数がとれていないと思いませんでした。

本当は、すっきりと900点を上回って、個人で受けるTOEICをおしまいにしたいと目論んでいたのですが結果的には無理でした。

4月に会社の合併とかがあって、管理職も会社でTOEICを受験させられそうです。

そのときに、「しょうがねえから受けてやるよ。」って言って、900点オーバーを叩き出す算段でしたが、捕らぬ狸の皮算用とは正にこのことをいうのでしょう。

とにかく、900点を突破するまでは、勉強はがっつり、ブログの更新はまったり続けていきます。

昨日、TOEICの試験を受けてきました。

たぶん900点には届かないでしょう。

後半のリーディングの時間が足りませんでした。

最後の数問は答案を書かずに提出しました。

たぶん良くて800点の後半でしょう。

もとは75週間前に360点だったという事を考えると、倍増以上ですが、目標通りに点が取れなかったことが悔しいです。

やっぱり前日のシミュレーション通りに、英文を読むスピードが遅かったみたいです。

普段の仕事で英文を読むときは、(技術者なので)一文一句誤読をしないように、じっくりと読んでいるので、ゆっくり熟読する癖がついているのかも知れません。

日本語の本はかなり難しい本でも早めに読めるので、単に練習量が不足しているだけなのかも知れません。

とにかく、今度はリーディングスピード強化して、もう一度TOEIC受験にチャレンジします。

英語の勉強に終わりは無いです。

TOEIC試験の直前の日に、買っていた公式問題集を、時間通りにやって見ようと思い立ちました。

問題自体は一通り流したので、難しい感は無かったのですが、残念ながらリーディングが時間通りに終わらなかったです。

一応、試験時間内に終わった部分のみで自己採点をしてみると、820点くらいでした。

時間を30分オーバーして全問解けたのですが、その時点での得点が910点。

ひょっとしたら、(ひょっとしなくとも)明日のテストでは900点に届かない気がしてきました。

まあTOEICは資格試験と違って、合否を争う試験ではないし、私の場合は点数が低くても給料に影響しないのでどうって事無いですが。。。

リーディングのスピードを上げることを怠っていたようでした。

TOEIC900点を目指して勉強を始めたときに立てた目標が、2010年最初のTOEICで900点を超えること。

当時TOEICスコアが360点だった私は、1年半で1,500時間勉強するという壮大な計画を立てて、ほぼ計画通りにやってきました。

それがあと3週間で終わりそうです。

最終的な仕上げのために、TOEIC公式問題集を買って来ました。

今、最新刊はVOL4ですが、新しいことに魅力を感じなかったので、仕事の出張の途中で立ち寄った、荻窪のブックオフで古本のVOL3を購入しました。

すぐさま、バラバラにして、数枚(数ページ)だけを持ち歩き、通勤時に勉強をしています。

過去問も比較的わかるようになってきたなと実感します。

やっぱり、勉強は嘘をつかないなぁと思います。

本番試験に向け、良い感じです。

ブログの更新は2009年Week36から途絶えていましたが、英語の勉強はほぼ計画通りやっています。

その計画とは、①古い(2008年度版の)NHKの入門ビジネス英語を1週間で1ヶ月分をこなす、②通勤時に毎日 Weeklyを精読する、という2点でした。

①の入門ビジネス英語はYahoo!オークションで2008年度分を纏めて落札しており、12ヶ月分を12週間で終わらそうとしていましたが、いろんな都合でちょっと遅れ、15週かかり、2009年のWeek51にずれ込んでしまいました。

本業ですと、3週の遅れは致命的になりますので、誰にも迷惑をかけないとはいえ、ちょっと心理的に気持ちが良く無かったです。

この『納期(Quote)』の概念は、資本主義の根幹をなす考え方で、旧ソ連等の共産主義では『納期』という概念は無かったようです。

無意識のうちに納期遅延を嫌悪してしまう私は、資本主義的な考え方が染み込んでしまったと言うことでしょうか?


当初の計画である、2010年最初のTOEICで900点という目標は達成できそうな手ごたえは有ります。

単語は6,000語レベルまで覚えこんだし。

日本人向けの英字新聞レベルの英語ですが、毎日読み込んでいたし。

入門ビジネス英語である程度のスピードの英語を聞いていたし。

この先3週間くらい、TOEICの過去問でも買ってきてやってみることにします。


ちなみに、TOEIC900点を目指して勉強を始めてから、56週間経過しました。

2009年Week36(8/31~9/6)の英語勉強時間メモです。

TOEIC900点を目指して勉強を始めて、58週間目です。(2008年は22週間+1日勉強しています。)

先週から勉強方法を少し変更しました。

NHKラジオの2008年版入門ビジネス英語と毎日 Weeklyを勉強する事にしました。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.22-ja