2008年7月アーカイブ

いきなりバイブルと教材とテキストという3種類の言葉を出してしまいました。

一応、この3種類の言葉は、

  • バイブル:勉強法のマニュアル
  • 教材:一時的な勉強に使用するもの
  • テキスト:毎日の勉強に使用するもの

という基準で使う事にします。

テキスト選びですが、バイブルにはNHKのラジオの講座が推奨されていました。

2008年のNHKラジオ講座のラインナップからすると『徹底トレーニング英会話』が相当するのではないかと事前に考え、近所の書店に買いに出かけましたが、内容が難しすぎました。この講座はNHK独自のレベル分けで『レベル4~5』相当となっていました。

そこでNHKレベル分けの『レベル4』である『ラジオ英会話』をテキストにすることに決め、2008年の4月号から8月号までCDとテキストを合わせて大人買いしてきました。

会社帰りに購入し、家で聞いてみましたが、自分の実力より少し難しい感じです。しばらくはウォークマンに入れ通勤途中で聞いてみます。

本日の英語勉強時間

  • 英語耳:0.5時間

私のバイブル「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応 (単行本) 」によると、英語学習ビギナーの入り口はリスニングとのこと。

ビギナーは最初の2ヶ月くらいをリスニングに当てた方が良いとのことだったので、これから9月まではリスニングを徹底的に鍛えることにします。

まずはバイブルに『奇跡の本』として紹介されていた、『英語耳』という本を購入しました。

一読してみましたが、発音を何度も何度も声に出して反復練習することが主眼の本です。

付属CDを一通り声に出しながら読んでみると、ほぼ30分です。

但し、電車通勤の途中でウォークマン(i-PODじゃなくってSONYのウォークマン党です。)で聞くには向かない感じがします。

この教材は家での勉強用とします。

私の信じるバイブルでは無条件に100回反復することが薦められていましたので、盲目的に信じて100回繰り返してみます。

私のバイブル「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点」によると、
1000時間トレーニングすれば、900点は突破できる。
だそうです。

又、合わせて、現時点でのスコアが200点から500点台の方は、英語の基礎力をつける時間としてさらに、
500時間から1000時間
かければ十分とも言っています。

上記より、私自身の目標として、勉強時間1,500時間で900点突破を設定しました。

次に1,500時間の勉強をどのくらいの期間で行うか?という事に関しては、1日3時間勉強として500日を目安にすることにしました。

サラリーマンなのに1日3時間も勉強できるのは、私の特殊事情かも知れません。

首都圏勤務ですが、家と職場の距離が離れているために、通勤時間がドアツードアで片道1時間40分かかるのです。

しかし、通勤時間のうち片道1時間10分が電車で座っている時間です。

電車の中なので声を出す練習は出来ませんが、座れるのでテキストも見られるし、ウォークマンを利用してヒアリングの練習も出来ると思います。

今は2008年の8月ですから、500日後は約1年と4.5ヶ月であり、2010年1月のTOEICテストで900点を取る目標にします。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.22-ja