Dec
8
2008

英文法の通勤時学習方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

この土日で、TOEIC TEST 文法別問題集のTest1/Test2のStep3というのを勉強していました。

Step3というのは、文法問題を辞書と参考書を見て解いて良い、というステップなのですが、英和辞書を引くことにより、全60問中59問は解けてしまいました。

『TOEIC TEST 文法別問題集』の中には、

文法書や辞書があれば何とかなるが、それがないと幾ら時間をかけても解けない状態は、何を問われているかわかるけれども知識が定着していないというのが原因だ。

と分析している記述があります。また

文法書や辞書を見ても8割しか解けない場合は、基本的な文法の知識が不足している。

とも書かれています。

つまり、今の私は文法知識が不足しているのではなく、文法知識を定着させるフェーズに有ると言うことらしいです。

また、こちらは勝手な推測になってしましますが、参考書を見ないで英和辞書のみで回答できたことを考えると、文法知識の定着もある程度は進んでいるけれども、語彙が不足していると言えるのではないかと感じました。


上記分析から、今の私には、問題集を辞書を引きながらじっくりと解く勉強とか、英語の文章を辞書を引きながら精読するとか、その手の勉強をする必要が有るのではないかと思います。

今、やろうとすると、辞書を通勤カバンの中に入れて、座れた時に一生懸命辞書引きまくるという方法しか出来ません。

紙の辞書を持ち歩くのはナンセンスなので・・・電子辞書・・・ついに購入・・・・冬のボーナス・・・

悩ましい。

声を出す系の勉強を、通勤電車でやるのは絶対無理だから、辞書引く系の勉強は電車の中で出来るようにする方向で考えるしかないのかな。

電子辞書、高いなぁ。


TOEIC対策用の売れ筋ソフトウェアTOEIC対策売れ筋PCソフト

TOEIC対策用の売れ筋本TOEIC対策売れ筋Books


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://toeic-uk.com/mt/mt-tb.cgi/42

コメントする

このブログ記事について

このページは、としが2008年12月 8日 01:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「英語勉強時間メモ(Week19)」です。

次のブログ記事は「英文精読」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.22-ja