ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンで英語を再勉強しよう

50代前半のシステムエンジニアです。1000時間ヒアリングマラソンを使って英語を再勉強しようと決めました。

最初の教材が届きました

読了までの目安時間:約 5分

お正月休みが終わり、昨日自宅に戻ってきたのですが、ついに1000時間ヒアリングマラソンの初回の教材が届いてました。

教材の大きさ的にはポストに入る程度の荷物で、受講料53,784円(税込)、1ヵ月あたりに換算すると税込みで4,482円になるわけですが、4,500円弱の大きさの荷物には感じませんでした。

(荷物の大きさに価値を求めちゃう、古い人間で。。。スミマセン)

荷物を開けるとこんな教材が入っていました。

主教材:マンスリーテキスト

主教材のマンスリーテキストです。

ヒアリングマラソン-2019年2月号

ヒアリングマラソン-2019年2月号

冊子1冊にCDが2枚の構成です。

冊子は裏表紙の裏までページが振られていて113ページになっています。

課題数は最後の「2月号の応募課題」までで、48個。

末尾にマンスリーテストHEMHETが有り、21問あります。

CDは音声が録音されているのですが、課題が1枚、テストが1枚になっている模様です。

「模様」と言ったのは、テストの方法が『実力を測るために、「テストCD」を途中で止めずに1度だけ聞いて、解答をウェブサイト「テストコ」のマークシートに記入』することになっているので、まだテスト用のCDを聞けていないので、まだよくわからないためです。

見開き1ページ目を開くと、課題は難易度別に★、★★、★★★の3種類に分かれていることがわかります。

難易度★は、素材として「日常会話インタビュー」「日常会話」の2種類があります。

ポイントと強化スキルとしては、「音声現象の理解」「聞き取りの基礎力」「内容を映像化」「文脈の理解」となっています。

難易度★★は、素材として「ビジネス会話」「フリートーク」「ニュース」の3種類があります。

ポイントと強化スキルとしては、「豊富なアウトプット練習」「話すための脳力アップ」「様々なアクセントの英語」「異文化理解、自分の意見を発信」「時事英語表現に慣れる」「聞き取りの精度アップ」となっています。

難易度★★★は、素材として、「文学作品」「映画」「日常会話モノローグ」の3種類があります。

ポイントと強化スキルとしては、「文化的深みのある英文を味わう」「文化や視点の違いを知る」「自然なリズム・速度の会話の聞き取り」「生の会話に対応する耳を作る」「正確な書き取り」「4技能を底上げする」となっています。

「1000時間ヒアリングマラソン」とは

マンスリーテキストの2ページ目を開くと1,000時間ヒアリングマラソンの説明が載っています。

1000時間ヒアリングマラソンとは

1000時間ヒアリングマラソンとは

左下の1000時間の走り方という記事を参考にして、私なりの走るペースを決めることにしました。

もちろん平日は仕事をしてますので、あまり勉強ができないと言う事と、4月までになるべくたくさん勉強したいということを考えて、平日2時間、土日は4時間勉強することを目標にします。

そうすると週に18時間の勉強時間になります。

単純に、1000時間を18時間でわると、55.5になりますので1年ちょっとで1,000時間が達成できる計画となります。

見開きの右ページに1,000時間ヒアリングマラソンの学び方という記事がありますが私は普通に神のテキストで学ぶ方法を選択をして学習を進めていきたいと思います。

やっぱり紙って勉強したい時にすぐ開いてできるというのがとても大きなメリットだと思います。

それに加えて鉛筆ですぐメモすることもできるので、勉強するのは紙にはかなわないと思っています。

音声については、やっぱりスマホが使いやすいですね。

パソコンを起動せず、紙のテキスト+スマホで音声がとっつきやすい勉強法ですね。

TOEIC900点を目指して勉強していた2010年頃は、まだスマホがなくてガラケーの時代。

音声を聞くためにCDからMP3に変換して、Walkmanに音声データを入れていましたから、その頃と比べちゃうと時代の流れを感じてしまいますね。

あと、移動中にスマホでちょっとした勉強をすることも今風ではあるのですが、なんだかんだ言って移動中にはヒアリングの勉強がしにくいと思います。

移動中の勉強は、リーディングかボキャブラリーの増強がいいのではないでしょうか。

では、2019年1月7日より、1000時間ヒアリングマラソンの勉強を開始します。

体験キットが届きました

読了までの目安時間:約 8分

1000時間ヒアリングマラソンは12月20日(木)までのお申し込みで、2019年2月号スタートとの事でしたので、せっかくやる気になっているこの気持ちが変わらないうちに何かをしたいということで、ヒアリングマラソンの体験キットを申し込んでみました。

体験キットはアルクの公式ホームページのほかamazonと楽天で購入することができます。

今回私はAmazonのポイントが余っていたためAmazonで購入いたしました。

体験キット到着

今回私はヒアリングマラソンの体験キットをAmazonで購入しました。

金額は税込みで540円でした。

体験キットはこんなパッケージで到着します。

ヒアリングマラソン体験キット

ヒアリングマラソン体験キット

早速開けてみます。

ヒアリングマラソン体験キット

ヒアリングマラソン体験キット

左側が体験キット本体になります。

表紙に書いてあることを引用します。

楽しく、着実に、英語力アップにつながる近道を、新たに。
「英語圏で暮らすと、ある時突然、英語が聞き取れるようになった」という声をよく聞きます。この「耳のブレークスルー」が起きるまで、約1,000時間、英語に触れることが必要です。「ヒアリングマラソン」で楽しみながら1,000時間学ぶことで、あなたにもきっと「耳のブレークスルー」がやってきます。楽しいから、続けられる。続けるから楽しくなる。その快感、その入り口がここにあります。「できた!」の積み重ねによって、楽しく学び続けることこそ、英語を使いこなすための1番の近道です。

まさにその通りだと思います。

私の体験ですが約7年ほど前は英語が社内公用語の企業で働いており、英語は毎日聴き続けていました。

ある程度勉強したこともあるのでしょうが、英語を聞き続けていることによって、すごく英語が聞き取れるようになったと感じた瞬間がありました。

ただ残念ながら、これも私の経験なのですが、「耳のブレークスルー」が起こっても、 。ある程度の時間を経過してしまうとまた元に戻ってしまうということがあるのだと思います。

実際に私は今アメリカ人が話す英語が聞き取れなかった状態です。

これからまた少しずつ勉強してきます。

写真の右側はヒアリングマラソンのパンフレットです。

こちらはアルクのホームページに乗っている内容ですね。

1,000時間ヒアリングマラソンは、受講開始レベル目安がTOEICテスト550点から、英検は2級から担っています。

点数だけはそれを超えているのですが、7年間のブランクがある私でも大丈夫なのかいまいち不安がありますね。

ヒアリングマラソン体験キットの中身

ヒアリングマラソン体験キットは、A4の大きさの紙が6ページ分のボリュームになっています。

最初はこんなイントロから始まります。

小さな「できた!」が、学習継続の秘訣。
小さなできたを積み重ねていくことで、楽しみながら、自然に学習を続けるようことができるように。そして、学習の継続は、より大きな成果につながります。

このヒアリングマラソン体験キットで体験できる小さな「できた!」は、3つあります。

それぞれは「Chapter」として分かれており、Chapter1から3までそれぞれA4用紙1ページ分のボリュームになっています。

Chapter1は「聞き取りのルールやコツを知る!」というタイトルで、[R]と[L]を聞き分けるのが目標となっています。

体験キットとしては、生の英語の聞き取りを体験できるというわけです。

ステップ1ではアルクのホームページに行って音声を聞いて、英文の穴埋めをやります。何度聞いてもOKです。

ステップ2では日本語訳が載っているので、それを見て英文の穴埋めを再度行います。穴埋めが終わったら別紙の「解答と解説」で答え合わせをします。

ステップ3では、穴埋めした単語を聞いて、後に続けて発音する練習をします。

別紙の「解答と解説」でコツが確認できます。

ステップ3まで終わったらアルクのホームページで解説動画をチェックします。

Chapter2は「リスニング力&発信力を徹底強化!」というタイトルで、聞き取りの弱点を声だし練習で克服するのが目標となっています。

体験キットとしてはディクテーションとシャドーイングを体験出来ると言うことらしいです。

ステップ1でアルクのホームページの音声を使ってディクテーションします。

ステップ2で別紙の「解答と解説」を使って確認をします。

日本語訳も乗っているので英文の意味を理解しながら進めていきます。

ステップ3でシャドーイングをします。最低5回は行うように書いています。

ステップ4でキーセンテンスの暗唱をします。

Repeat and Look Upというやり方で、詳しい方法が丁寧に体験キットの中に書かれています。

ステップ4まで終わったらアルクのホームページで解説動画をチェックします。

Chapter3は「いろいろな国の英語を理解する!」というタイトルで、3人それぞれの意見を聞き取るのが目標となっています。

体験キットとしてはノンネイティブの英語の聞き取りを体験出来ると言うことらしいです。

ステップ1で全体を通して聞きます。

ステップ2ではキーセンテンスの穴埋めを行います。

穴埋めが終わったら、別紙の「解答と解説」で答え合わせをします。

ステップ3で表現チェックを行います。

表現チェックというのは、4個の短文が英語で書かれており、英文のヒアリングの中でその短文が聞こえることをチェックすることです。

ステップ4で日本語で会話の概要をまとめます。

日本語の穴埋め問題になっています。

穴埋めが終わったら、別紙の「解答と解説」で答え合わせをします。

ステップ5では別紙の「解答と解説」で英文・日本語訳・語注を確認して音声を聞いて内容把握が出来ることの確認をします。

ステップ5まで終わったらアルクのホームページで解説動画をチェックします。

ヒアリングマラソン体験キットの中身としてはこんな感じです。

ヒアリングマラソン体験キットの解答と解説

ヒアリングマラソン体験キットの解答と解説は別冊になっています。

ヒアリングマラソン-特別割引クーポン

ヒアリングマラソン-特別割引クーポン

体験キットのChapter1からChapter3までの解答と解説がA4用紙4枚分のボリュームでまとめられています。

写真に一緒に写っているのは、パンフレットの裏面と特別割引クーポン券です。

このクーポンを使って、ヒアリングマラソンに申し込めば、500円割引になるので、540円(税込)のヒアリングマラソン体験キットは実質無料になるということですね。

自己紹介

読了までの目安時間:約 4分

私は1965年生まれで50代前半の男性です。

職業はシステムエンジニアをやっています。

2008年にこのドメイン(https://toeic-uk.com)を取得して「TOEICで900点を取る」というブログをやっていました。

当時はルネサスモバイルという会社で働いていました。

ルネサスモバイルは社内の公用語が英語であったため仕事がら英語が必要となり、一生懸命英語の勉強をしていました。

ブログを始めた当時はTOEICが400点くらいでしたが「英語上達完全マップ」という本の通りに勉強して一生懸命教育の点数を上げていきました。

「英語上達完全マップ」では、英語上達の近道はなく、トレーニングをすることによってのみ英語は上達するのだと教えてくれている本でした。

そこで私は、点数を上げるために何をすればいいのかを英語上達完全マップに沿って年間ぐらいの期間で計画をして計画通りに勉強してきました。

英語上達完全マップでは基本的に音読と瞬間英作文の勉強が主となりました。

仕事で英語が必要となったわけですから逃げるわけにもいかず、目標とする点数に向かって本当に一生懸命勉強していました。

ところが当時働いていたルネサスモバイルは携帯電話のLSIを開発しておりましたが、2012年になってその会社はスマホ化の波に乗り遅れ、経営が怪しくなり最終的には潰れてしまいました。

私は色々あって潰れる直前に別の会社に移ることができました。

ただ移った先の会社では英語を使うことがなく、2018年まで7年間英語を使うことなく過ごしてきました。

一時期はだいぶコミュニケーションが取れるまで上達した英語は、使うことなく錆びついてしまいました。

ところが2018年の冬に、2019年の4月からアメリカの関連会社と仕事をするようになることが決まり、最勉強することを決意しました。

一時期は熱中して英語の勉強したので、そこそこは英語が出来るはずだと思っていたのですが、実際にアメリカの関連会社の人と話をしてみると、やはり7年間のブランクは大きく、随分とコミュニケーション能力が低下していたことが分かりました。

ですのでなんとかしなきゃあかんと思い立ち、古びた英語上達完全マップを取り出し、そこに書かれているおすすめの教材を中心に色々な英語教材を調べたところ、アルクのヒアリングマラソンで再勉強してみようと思いました。

英語上達完全マップのリスニングの教材にアルクのthe English Journalの記載があり、そこからアルクのウェブサイトに行ったところ1000時間ヒアリングマラソンを知ることができました。

いろいろなサイトを調べたところ今の私にはヒアリングマラソンが最適ではないのかなと思うことができました。

これからヒアリングマラソンを中心として勉強を始めていきたいと思います。

自己紹介

私は1965年生まれで50代前半の男性です。

職業はシステムエンジニアをやっています。

2008年にこのドメイン(https://toeic-uk.com)を取得して「TOEICで900点を取る」というブログをやっていました。

当時はルネサスモバイルという会社で働いていました。

続き->自己紹介

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー